« 躁うつ病-2 | トップページ | 躁うつ病-4 »

2012年3月26日 (月)

躁うつ病-3

それは、うだる様な猛暑の日々での出来事でした。平成十六年八月中旬。仕事で休めない私を残して、妻と子供たちは、島根県にある妻の実家に里帰りしていました。

 
  いつもの様に出勤した私は、デスクに向かって仕事を始めようとしたとたん、急に激しい熱気を覚えました。そして脱力感が起こり、仕事が出来なくなってしまいました。会社の体温計で計ると40度近い高熱でした。その日は結局、上司の許可を得てすぐに帰宅しました。私は夏カゼではないかと考え、内科に行き、点滴を受けました。

  翌朝、六時に起床しました。熱はすっかり下がっていて、元気を取り戻していました。ところが、会社に着いて仕事に取り掛かろうとすると、また高熱を発してきました。仕方なく、またすぐに帰宅しました。前日同様、内科に行き、点滴を受けました。

  そして翌日、この日の朝は、もうすでに微熱がありました。しかし、二日間も何もしていなくて、仕事は溜まっていました。お盆前の、忙しい時期でもあります。これ以上休む訳にはいかない、と体に鞭打って、会社へと向かいました。

  しかし、またも高熱が襲ってきました。めまいがして、まっすぐ歩けない程の状態でした。車を運転して帰るのは危険だからと、会社の車で自宅まで送ってくれました。ただし、溜まっている仕事は何とかしなければならないから、私に自宅で書類を作成しろと命じました。作成したら、FAXで会社へ送れと。私はもう、フラフラの状態でした。少しでも活力を取り戻そうと、三たび内科へ車で行き、点滴を受けました。そしてその帰りの事です。

  病院から車で車道へ出ようとした、その時です。
  「ガチャン」
という音がして、車が止まりました。車道にでようとした私の車の前には、もう一台、出ようとして停車していた車があったのです。それに気付かず、私はアクセルを踏んでいました。

  事故を起こしてしまった相手の方は紳士的な方で、私が体調を崩していたせいもあってか、穏便に対処して頂けました。

  しかし、猛暑の中、警察が現場に到着するのも遅く、さらに、事故処理が終わった後、会社に連絡しても、いつまで経っても、誰も来てくれません。アスファルトの道路にしゃがみこんで、このまま熱射病でのたれ死んでいくんだ…と思っていた時、やっと迎えに来てくれたのは、父親でした。会社から連絡がいったのでしょう。社長が来てくれたのは、それからずっと後のことでした。

  幸いなことに、翌日から会社は四日間のお盆休みに入りました。私は両親の住む実家に寝泊りする様になりました。

  まずは熱を下げようと、内科に行き、強力な解熱剤をおしりに注射してもらいました。

  おかげで、熱は下がったものの、私の精神の異変は、益々エスカレートしていきました。携帯電話であちこちに電話しまくるのです。数日前にシートベルト着用違反で摘発されたことに対して腹を立て、110番にも電話しました。

  さらに、異常な喉の渇きから、二L入りのスポーツドリンクを、その日の内に十本以上飲み干していました。そして、夜になると動けなくなり、トイレの前にしゃがみ込んだまま動けず、トイレに行けないのです。結局、空のペットボトルを切って、そこに用を足しました。
 
 父親が、
「精神科へ行こう」
と言い、何とか力を振り絞って立ち上がり、車で病院へ行き、点滴を受けました。夜八時頃だったと思います。そして、その夜は、水分を捕りすぎた心配から、大人用のおむつをして寝ました。

  翌朝は気持ち良く起きられました。心配していた夜尿もありませんでした。まるで行きかえったような爽快感で一杯でした。食欲もあり、かといってまたスポーツドリンクを要求する、と言う事もありませんでした。

  身体の健康状態は回復しました。しかし、精神状態は完全にそう状態でした。父親の勧めもあって、入院を決意しました。病名が知れたら解雇されるかもしれない、そう思って、うつ病の発症以来ずっと会社に隠し続けていたのですが、もうその時には、そのような考えは消えていました。

|

« 躁うつ病-2 | トップページ | 躁うつ病-4 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1646540/44637803

この記事へのトラックバック一覧です: 躁うつ病-3:

« 躁うつ病-2 | トップページ | 躁うつ病-4 »