« うつ病-7 | トップページ | うつ病-9 »

2012年2月28日 (火)

うつ病-8

主治医の先生の説明によると、
「単身赴任による環境や食生活の変化、それに仕事のストレスなどが重なって、発病したのではないか。」
との話でした。

  診察を終えた私は、催眠効果のある坑うつ薬と、食欲増進効果のある漢方薬を二種類、処方されました。実は眠れぬ日が始まってから、食欲も低下していたのです。でもこれは、暑さのせいだと思っていました。

  午後から職場に戻ると、時間が気になって仕方がありませんでした。というのも、漢方薬は夕方四時頃、つまり空腹時に飲むように指示されていたからです。やがて四時になり、早速服用しました。

  すると、その効果はてきめんで、食欲不振が解消されただけでなく、それまで大きな鉛を飲んでいたかのような不安感までもが、スッと消えていきました。そしてその夜、坑うつ薬を服用して就寝したところ、気持ちよく熟睡することができました。翌朝、目覚めは爽快感で一杯でした。その日は意欲的に仕事もこなせ、充実した一日でした。

  ところが…。
  私の病気はこれで治った。そう思った私は、翌日から薬の服用を止めました。カゼや頭痛などと同様に、症状が治まれば服用を止めるのが薬というものだ、と考えていたからです。

  主治医の先生からも、特に、飲み続けなさい、などという指示もありませんでした。

  薬を服用しなくなって、二、三日の間は、元気を取り戻し、夜も眠れていました。しかし、次第に再び悪化していきました。夜眠れなくなり、不安感も増大してきました。

 そこで、飲まずに放置していた薬を飲み始めました。しかし、あの劇的に効いた時とは違って、もう、あまり効果は感じられませんでした。夜だけは何とか眠れるのですが、不安感、虚脱感等に襲われる日々が続き、仕事に対する意欲も衰えていきました。

 

 

※メルマガを発行しました。 「心の病―うつ病と躁うつ病―」    こちらも是非お読み下さい。   

http://melma.com/category/health/mental_health/

|

« うつ病-7 | トップページ | うつ病-9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1646540/44295896

この記事へのトラックバック一覧です: うつ病-8:

« うつ病-7 | トップページ | うつ病-9 »